「おきな」富田店長に聞く「至誠どり」 – 株式会社至誠

「おきな」富田店長に聞く「至誠どり」

至誠本舗として手掛け、出来上がった最初のメニューである「至誠どり」。
その、出来上がるまでのいきさつなど開発を手掛けた「おきな」の富田店長に聞いてみました。

―さっそくですが、出来上がりを食べさせてもらいましたが、甘辛の味付けがとてもおいしかったです。

富田店長(以下、富田)
ありがとうございます。商品名に社名を掲げた商品を開発でき、満足のいく商品に仕上げられ、また実際に食べてもらった方にそういった感想を言って頂けえることはありがたいです。

―そもそもですが、何故この「至誠どり」を作ろうと思われたのですか?ファーストフードや、コンビニでも有名な商品があったり、ライバルの多い商品かなと思うのですが?

富田:もともとは「至誠」のブランドとして、この出雲地区で伝統的に親しまれ、ごちそうを思わせる甘辛の味付けで何かできないかと考えていました。そこで、まず浮かんだのが、唐揚げだったんですが、試作した段階で非常に堅くなってしまい、お客様に出せるものではありませんでした。ただ、これを柔らかく仕上げたら、親しまれた出雲の味できっといいモノが出来る・他のお店にはない地元の良さが詰まったモノが出来ると思い、そこからはひたすらに柔らかさを求めて工夫を重ねていきました。

―様々な苦労が見え隠れしますが、特にこだわっているところはどこでしょうか?

富田:やはり、どうやって柔らかさを感じてもらえるかというところです。全部は言えませんが、例えば下処理でスジや血管を、一つ一つ丁寧に、細かくとっています。これは大手さんでは中々出来ない非常に手間のかかる作業かと思います。
あと、もともと衣をサクッと仕上げる事に関しては自信があったので、サクサク感を出す事と、やはり鶏肉の旨味といえばジューシーさなので、柔らかさ・サクサク感・ジューシーさを感じてもらう事にはこだわってやってきました。

―やっぱりそういった見えない努力が美味しさに繋がっているんですね。
 そのほかにおすすめしたい点はありますか?

富田:そうですね、出雲地方で親しまれてきた甘辛の味付けですが、できれば地元の食材を使いたいというところで、志学のおだしを使っています。三瓶山の麓で獲れた椎茸を使った出汁で味付けのポイントとなっています。

―おいしさへのこだわりをありがとうございました!
 富田店長の至誠どりにかける思いが伝わってきました!
 最後にお伝えしたいことはありますか?

富田:くどいようですが、柔らかさ・味に関しては満足できるモノが出来上がったと思います。
また、せっかくなら満足を感じてもらいたいので、ボリュームたっぷりでお腹も満たせる商品になっています。
骨なしなので、手軽にテイクアウトしてもらったり、パーティなどの集まり用にでも楽しんでいただけたらと思います。
まだ細かい販売方法は決まっていないので、決まり次第こちらのホームページや、各SNSでも告知していきますので、お待ちください。

おきな遊食倶楽部
住所:〒693-0011 島根県出雲市大津町1131-1
営業:9:00~17:00(モーニング 9:00~11:00)
電話:0853-22-3339
店舗詳細>>

・Facebook>>
・Instagram>>
・twitter>>
・LINE